DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:G1
 「皐月賞・G1」(15日・中山)、“2強”に待ったをかける。大一番での逆転に向け、横山典&フライングアップルが虎視たんたんと機をうかがっている。状態面の上積みだけでなく、昨年の覇者メイショウサムソンと同じ、スプリングSを制してからの挑戦と勢いも十分だ。勝てば外国産馬として初のクラシック制覇という偉業。昨年9月の札幌デビューと豊富なキャリアも魅力。大舞台を前に、態勢は着々と整いつつある。
 外国産馬に対し、02年に門戸が開かれた皐月賞。これまで6頭の外国産馬が挑戦しているが、昨年7着のジャリスコライトが最高成績。他のクラシックを含めても外国産馬の勝利はなく、連対もシンボリクリスエス(02年のダービー2着)だけ。いずれも藤沢和きゅう舎の所属馬だった。フライングアップルにとっては、記録以上に、先輩たちがしるした道筋をたどる大事な戦いになる。
 横山典とのコンビが勢いをつけた。昨年10月にオープン入りした後は、東京スポーツ杯2歳S、朝日杯FS、共同通信杯と3つのGレースで(2)(4)(3)着。フサイチホウオーに2度、ドリームジャーニーに1度、いずれも小差ながら敗北を喫した。しかし前走・スプリングSでの横山典との出会いによって、再び光明が差した。出遅れが呼んだ偶然の産物とはいえ、後方待機から目の覚めるような差し切り勝ち。これまでとはひと味違った、アップルの姿がそこにあった。
 「前走はたまたまああなっただけ。今度もスタートを出たなりで、自在に行くつもり。もちろん、勝ちに行く競馬をね」と横山典。相手関係など眼中にない。「自分の馬のリズムで勝負に徹するだけ」と言い切った。さらに、自らまたがった今週の追い切りを「素晴らしかった」と絶賛。前走後には「暖かくなればもっと良くなる」と口にしていたが、「思った以上で、言うことがない。状態に心配がないからレースに集中できる」とまで言い切った。
 皐月賞は98年にセイウンスカイで制しているが、G1勝ちは04年天皇賞・春のイングランディーレ以降遠ざかっている。しかも、その間にG12着が10回を数える。「オレが下手に乗ったレースもあるけど、悪い流れじゃない。それに、オレと馬とは別だからね」と笑う。その瞳に迷いはない。逆転あるのみ-。厚い信頼を感じたパートナーの背中以上に、求めるものは何もないと言いたげだった。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 競馬情報 勝つのはどの馬だ? all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。