DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日記
<福島牝馬S>◇G3◇福島◇芝1800メートル◇4歳上牝◇出走16頭
 柴山雄一騎手(29)が手綱を取った9番人気スプリングドリュー(牝7、堀)が混戦を制し、44戦目にして重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分46秒6。創設以来4年連続で馬単、3連複が万馬券となった。
 ゴール前、芦毛の馬体が飛んできた。目の覚めるような末脚に内の各馬が止まって見えた。「具合はいいと聞いていたし、このメンバーなら、切れたらそこそこやれると思っていた」と柴山。逃げたダイワパッションの流れは、前半1000メートル58秒0のハイペース。後方から徐々に進出し、直線は外へ出して突き抜けた。
 人気はなかったが柴山には自信があった。府中牝馬S以来の騎乗。当時は6着に敗れたが、上がりタイムは勝ち馬に次ぐ34秒0。一級品の末脚を持っていることを確信していた。06年中山金杯(ヴィータローザ)以来3つ目の重賞タイトルに「すごくうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。
 堀宣行師(39)は今後について「様子を見てヴィクトリアマイルに向かう」と話した。同競走にはビーナスライン、ジョリーダンスも出走予定。堀厩舎がG1戦線をにぎわせる
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 競馬情報 勝つのはどの馬だ? all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。