DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日記
樫は譲れない。オークストライアル「フローラS・G2」(22日・東京、3着まで優先出走権)へ、ベッラレイアが万全の仕上がりだ。追い切りは栗東坂路で単走。すでに1週前にハードなメニューを消化しており、馬なりで軽く駆け上がって態勢を整えた。除外続きが響いて、桜花賞出走の夢はかなわず。G1への夢を乗せて、強烈な末脚が爆発する。イクスキューズは、5着に敗れた桜花賞が収穫あり。中1週でも出来に不安はない。
 ゆったりと鹿毛のボディーが栗東坂路を駆け上がっていく。先週に4F52秒7-37秒6-12秒4を馬なりで記録し、態勢は整っている。今週は軽めの調整で十分。ベッラレイアが万全の仕上がりをアピールした。単走で14-14のラップは予定通り。終始持ったままの手応えで軽快なラップを刻んだ。しまいだけ気持ち伸ばして、時計は4F56秒5-41秒4-13秒6。「もちろん軽く。動きは申し分ないね」。平田師は日焼けした精かんな表情を崩した。
 今回は除外の不安なく、週末を迎えられることが大きい。デイリー杯クイーンCで除外されて、翌週のすみれSに回ったが牡馬相手に3着。賞金を上積みできず、フラワーCも除外になった。中京で自己条件のあざみ賞を強烈な末脚で制したが、桜花賞の出走ボーダーには届かず。高い能力を示しながら、華やかな舞台を見つめるしかなかった。
 戦わずして敗れたからこそ、G1への思いは強い。「血統的にもオークス向き。強い馬がいっぱいいるけど、挑戦してみて、どれぐらいやれるかを見てみたい」と期待に胸を膨らませる。前走は大外をぶん回して上がり34秒0の脚を駆使して豪快に差し切った。「あまりに大胆な騎乗で、見ていて冷や汗をかいた」と苦笑いするが、最後は手綱を押さえる余裕すら。改めて強さを確認した一戦でもあった。桜花賞へ出走していれば、の思い。「ひょっとしたら1、2着馬といい勝負、という気持ちもあった」という言葉もうなずける。
 この中間は、テンションを上げないように重点を置いてきた。初めての長距離輸送にも「今の状態なら心配ない」と自信を見せる。もちろん、東京コースも歓迎材料だ。「距離もあるからゲートも気にならない。肩の力を入れないように」と笑うトレーナー。勝って堂々と樫へ。その表情から手応えが伝わってきた。
スポンサーサイト
Comment

こんにちは^ー^

私の「勝馬投票券」サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/yesnet0/archives/53792114.html
です。

また姉妹ブログ馬の中の馬たち
http://asatte0.blog99.fc2.com/
もよろしくお願いします。

これからもよろしくお願いいたします^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 競馬情報 勝つのはどの馬だ? all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。