DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日記
18日、門別競馬場で行われた4R・D3-2組(ダート1000m)に、119連敗中のエリザベスクィーン(牝6、北海道・大崎順司厩舎)が小嶋久輝騎手騎乗、6番人気で出走。後方追走も伸びず、勝ったローズヒップティーから3.5秒差の最下位12着に終わった。

 これでデビューからの連敗は120となり、デビュー以来の連敗記録はシャッフル(牝7、兵庫・西門則秋厩舎)の122に次ぐ現役2位となった。なお、これまで120連敗中だったトサノカオリは、1日付で地方競馬の競走馬登録を抹消している。

 エリザベスクィーンは父トレジャーアイランド、母エリザベスローラ(その父キャロルハウス)という血統。03年6月に北海道でデビュー以来、佐賀、北海道、愛知、北海道、佐賀、北海道、兵庫、北海道と8回の移籍を経験。今回から現厩舎に復帰していた。通算成績120戦0勝(2着3回、3着9回)。
スポンサーサイト
Comment

いつも役に立つ情報ありがとうございます


私もブログを始めましたので

もしよろしければ暇なときにでも見に来てください


では頑張ってくださいね

はじめましてこんにちは!

突然のコメント失礼いたします。

私のブログ
「インターネットで競馬!」で
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させていただきました。

該当記事はこちらです。
http://blog.livedoor.jp/gambler072/archives/50145062.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 競馬情報 勝つのはどの馬だ? all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。