DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:G1
「皐月賞・G1」(15日・中山)、最も強い競馬はした。それでも懸念していた不安が的中したと言わざるを得ない。フサイチホウオーは最速上がり33秒9で豪快に追い込んだが3着。くしくも01年の父ジャングルポケットと同じようなレース内容で同じ着順に終わった。
 安藤勝の言葉が、この馬の特徴を象徴している。「ちょっとゲートで遅れたからあの位置に。GOサインにすぐに反応しないからね。最後にやっとエンジンがかかってきた感じだった」。勝負どころで外に出し、一完歩ずつ差を詰めたが、及ばなかった。
 無敗馬にもかかわらず2番人気。“府中向き”というファンの下した判断が的中した格好だ。それだけに巻き返しへの期待は大きい。「東京二千四百メートルの方が競馬は全然しやすい。隠れたギア?うーん、まだ出てないかな」主戦はダービーでの反攻宣言とともに、まだ能力を出し切ってないことを強調した。父同様、得意の府中で-。世代最強を証明するためには、次こそが絶対に落とせない一戦となる。
スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 競馬情報 勝つのはどの馬だ? all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。