DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日記
春の盾は波乱の予感。「第135回天皇賞・春」は29日ゲートイン。今年、すでに万馬券26本を的中させている浜田公人記者は本命に上がり馬ダークメッセージを指名した。昨年末から急激に力をつけた4歳の素質馬。前々日売りで8番人気の低評価を覆す激走で高配当を運ぶ。馬券は全国の競馬場、ウインズで、28日も前日発売される。

 ◎ダークメッセージの名前を初めて聞いたのは昨秋の栗東トレセンで佐々木晶師を取材した際のこと。「かなりの素質を秘めた馬なんだ。本格化はまだ先だけど、来年の秋には大きい舞台に立てるはず」。期待通りに年末の500万条件を7馬身差で圧勝。だが、年明け初戦、いきなりG2日経新春杯に出走してきた時は正直、無謀だと思った。

 結果は首+頭差の3着。師の言葉を額面通りに受け取った記者は無印だったが、師自身には芝の長丁場でやれるという確信があったに違いない。500万条件を勝ったばかりでのG2好走は並大抵のことではない。師の想像より馬の成長スピードが上回っていただけのこと。フロックではないことは、その後の3戦3連対が証明している。

 天皇賞はG1の中でも最高峰のレース。だが、今年は出走表だけを見ればG2?と思うメンバーだ。こんな時は格下馬でも勢いさえあれば十分勝負になる。今の京都の芝は前に行った馬が止まらない。開幕週の先週は逃げ、先行馬の天下だった。前の馬に楽に4角を回られては勝ち目はない。必然的に後続の仕掛けも早くなる。3角手前の下り坂で勢いがつくことも重なり、レース終盤は激しい消耗戦が予想される。そうなれば差し馬の出番。3F33秒台の剛脚を秘めるメッセージがポテンシャルをフルに発揮できる展開だ。2走前にはレコード勝ちを飾っており、高速決着は大歓迎。

 思い出すのは昨年の菊花賞。今と同じような馬場状態で逃げたアドマイヤメインをつかまえにいった先行勢は崩れ、勝ったのは後方待機で脚をタメていたソングオブウインドだった。

 全17戦中9戦の手綱を取り、馬の特徴を手の内に入れている佐藤哲が戻ってきたのも心強い。正月競馬で落馬し、左肩甲骨を骨折。戦列を離脱していたが、先週から復帰して大舞台に間に合った。G1で何度も人気薄を好走に導いてきた仕事人。あのディープインパクト陣営が「他の騎手が嫌がる乗り方をする。敵に回したくない」と恐れていたほどだ。佐々木晶師&佐藤哲と言えば、タップダンスシチーでG12勝の名コンビ。深い信頼で結ばれた熱いメッセージが、ゴール前で必ず届く。(浜田 公人)

 【3連単こう買う】◎は3着でも高配当が見込める。馬券はマルチ作戦で2頭軸の相手にメイショウサムソンを指名する。昨秋の菊花賞を見る限り距離適性に疑問符を残すが、2冠馬としてぶざまな競馬はできないメンバー構成。休み明けの大阪杯を順当に勝ってきた点を素直に評価する。以下、充実著しいアドマイヤタイトル、菊花賞馬デルタブルース、コース得意ファストタテヤマに、安藤勝騎乗アイポッパー、調教抜群トウショウナイトに印を回す。(13)(6)2頭軸マルチで(2)(5)(8)(10)(15)30点。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:日記
トウショウナイトが3年越しの悲願を成就する。前回の天皇賞・春(05年)は、勝ったスズカマンボの4着。3歳時から4歳時にかけて一気にオープンまで上り詰め、勢いに任せて挑んだ一戦だった。当時とは競走馬としての完成度が違う。同じ年の夏、放牧先でのアクシデントにより亀甲部を骨折。長らくスランプに悩まされたが、その間に調教、レース、調教と繰り返されることにより着実にパワーアップした。前走の日経賞ではネヴァブションに後れを取ったが、2キロの重量差を考えれば悲観するにあたらない。むしろ、0秒1差にまで迫ったレースに充実ぶりがうかがえるといっていいだろう。
 仕上がりも万全だ。25日の最終追い切りは単走で長めからスタートしたが、全身バネといった力強い動きでほれぼれする内容。ゴールを過ぎてからも、あん上の武士沢騎手は手綱を緩めることなく向正面まで速めのキャンターで走り抜けた。日経賞出走時、馬体重は京都記念よりプラス2キロ。若干の誤算だったろうが、中間の意欲的な乗り込みで馬体はすっきり絞れた。西下前の27日の動きも気合乗りは満点で、気配の良さは特筆ものだ。
 距離は長くなればなるほど力を発揮するタイプだけに、延長は有利。今回は早めのスパートから粘り込む戦法で活路を開く。直線が平たんな京都コースなら後続に簡単にはつかまらないはず。古馬チャンピオンの座を勝ち取る。
DATE: CATEGORY:日記
 Cウッドチップコースでエリモエクスパイアが追い出された瞬間だ。力強くチップを高く蹴り上げ、大きな完歩で前進する。6ハロンは82秒6でも、コースを2周しながら、ラスト1ハロンは11秒9と弾けた。

 レースは初騎乗だが、早い時期から調教で感触を確かめてきた福永との呼吸も合っている。「今までで、いちばん折り合いが付いていたし、いいフォームでラストも12秒を切った。何も言うことはない」

 乗り替わりのマイナスをできるだけ防ぐことが、中間の大きな課題だった。前走の日経賞(10着)のように、初騎乗の騎手とは呼吸が合わない。過去にテン乗りだったケースは4回あったが、うち3回は大敗している。「人をなめているので、初めてでは難しい」(藤田助手)ため、天皇賞へ向けての調教は、ジョッキーに委ねてきた。

 密にコミュニケーションをとってきた効果はあったようだ。「何をしたら怒られるか、ほめらるかが分かってきたようだ。余計なことをせず、人を信頼するようになった」ユーイチ(福永)はパートナーとの“折り合い”に手応え十分の様子だ。

 2走前のダイヤモンドSでは、トウカイトリックに首差の2着と力量の高さを示した。「その馬が、阪神大賞典(3着)で差のない競馬。乗り方ひとつだと思うし、長距離の適性はある」とユーイチ。主役不在の盾で波乱を起こす準備は完了した。
DATE: CATEGORY:日記
メイショウサムソンの主戦・石橋守騎手(40)は、大阪杯での復活Vを「自分自身としても価値ある勝利だった」と胸を張る。昨年5月のダービー以来の美酒。59キロを背負って、57キロのシャドウゲイトを退けた。着差は1/2馬身とわずかだったが「いつもより後ろの位置取りだったし、前も楽なペース。完勝だった」と振り返る。今にして思えば、去年の秋は追い出しての反応が鈍かった面があった。大阪杯は3角すぎから動いて相手を競り落とす、サムソン本来の型。2冠を制した自信を取り戻した一戦だった。
 石橋守が強調するのが精神面の成長だ。「もともとがどっしりとしていてイライラするタイプではないが、放牧に出したことで精神的にリフレッシュできた」。高橋成師がこだわった牧場での休養が、はっきりとした形になった。大阪杯から始動した効果はてきめんだ。
 3冠を狙った菊花賞で4着に敗れた。マラソンレースへの適性を疑問視する声もあるが、石橋守は「あの日は時計が速過ぎた。サムソンの時計でも、従来のレコードに近いもの」という。3200メートルに何ら不安なし。パートナーへの信頼は揺るぎない
DATE: CATEGORY:日記
メイショウサムソンは全休日とあって馬房で静養。カイバを平らげる姿を頼もしげに見守る中田厩務員は「モリモリ食べているでしょ?前走後は1週間で体が戻った。しっかり食べるから回復も早い。しっかり稽古をやって、いい筋肉もついている。距離?この馬のことを一番よく分かっている騎手に任せるだけ」と石橋守に全権委任する。
DATE: CATEGORY:日記
 「天皇賞・G1」(29日・京都)、騎手&調教師で500勝達成。史上3人目の勲章を手にしたばかりの高橋成忠調教師が、トレーナーとして初のG1奪取を誓い、春の盾に挑む。昨年の2冠馬メイショウサムソンは、瀬戸口勉元調教師の定年引退に伴い、預かることになった。転きゅう後、初めてのレースだった前走の大阪杯を制した。名馬を預かることになったプレッシャーや、預かって初めて分かったサムソンの強さなどを聞いた。
 月曜朝、高橋成きゅう舎には、がむしゃらにカイバおけに顔を突っ込む2冠馬メイショウサムソンの姿があった。「よく食べるし、テンションも上がっていない。状態は悪くないよ」と中田きゅう務員。ここまでは順調にきているようだ。
 今季初戦、そして転きゅう初戦となった大阪杯を快勝。突然舞い込んできた2冠馬を任され、相当なプレッシャーと闘った。「内容うんぬんよりも、勝ててホッとしたよ」と本音がこぼれたが、あの一戦でベテランきゅう務員と2冠馬サムソンとの距離は急速に縮まった。「久々だから引っ掛かると思っていたが、しっかりと折り合っていたね。馬自身が成長しているんだと思う」。盾制覇へ向けて、確かな手応えをつかんだ。
 人馬ともに自信をつけて本番に挑む。「初めは癖が分からなかったが、扱いやすい馬だよ。いつでも平常心って感じかな」。前哨戦をひと叩きしたことで「しっかりしてきた。きちっと食べて馬体が締まってきたのがいいね」。すべての面において前進はあっても後退はない。
DATE: CATEGORY:日記
またしても史上最速&最年少で節目V-。武豊騎手(38)=栗東・フリー=が21日の京都7Rでニルヴァーナに騎乗して逃げ切り、JRA通算2900勝を達成した。岡部幸雄元騎手(2943勝)に次いで史上2人目。87年3月のデビューから20年2カ月での大台到達は、岡部元騎手の37年3カ月を大幅に上回っている。
 7日の中山12Rを勝ってから、区切りの1勝を挙げるまでに2週間の足踏み。ユタカらしからぬ“生みの苦しみ”を味わった。「リーチがかかってから足踏みしていたので、達成できて良かった」と、ホッとしたように喜びをかみしめた。
 07年の騎乗は1月20日から。昨年12月6日に香港・ハッピーヴァレー競馬場で騎乗停止処分を受けたことが響いた。「今年はスタートで出遅れた。例年に比べるとペースが遅かった」と楽な道のりではなかった。
 これで岡部元騎手の持つJRA最多勝記録の更新、そして年内の3000勝到達も見えてきた。「これからペースアップしていきたい」と、喜び以上の気持ちで意気込みを語ったユタカ。天才が大記録へ向けてさらに加速する。
DATE: CATEGORY:日記
戦法が多彩なハイエンドクォーツを狙ってみたい。前走の飯坂温泉特別は先行策に出て2着、2走前の中山では後方からの追い込みで連対した。ともに2000メートル以下の競馬だが、昨秋には福島2400メートルで勝利を飾っており、今回の距離にも不安はない。早めの仕掛けで抜け出しても、脚をためての追い込みでも直線で抜け出せる。2着続きのうっ憤を晴らす。
 37秒台の切れ味で勝負するエプソムボスが相手筆頭だが、前前で攻めるカレンパパの前残り、長距離で連対実績の多いオースミダンスインも怖い。ランダムシードと、重量56キロと恵まれたフミノブルースカイを連下に。馬単(6)=(7)、(6)=(14)、(6)(8)、(6)(9)、(6)(16)。
DATE: CATEGORY:日記
京都11RアンタレスSはオーガストバイオの大駆けに期待した。前走のマーチSで11着に大敗したためか人気は急落したが、敗因は終始馬群の外を回る距離ロスが響いたため。さらに、脚抜きのいいコンディションとなり道中は緩みのないペースで流れ、そこを気分良く行き過ぎたため直線での粘りを欠いた。決して力負けではなく、このメンバーなら上位争いできる。
 そのマーチSを勝ったクワイエットデイが人気となりそうだが、前々走の仁川Sでは1着のクワイエットから鼻+鼻の3着に好走している。この時はクワイエット54キロに対し、オーガストは55キロ。それが今回は逆に1キロ軽くなる。京都ダートでは16戦して2勝、2着4回の戦績を残しており、コース替わりはプラスだ。18日の栗東Bコースでの最終追い切りでは6ハロン78秒9、上がり3ハロン36秒9、ラスト1ハロンは鋭く伸びて11秒6と上々の時計を出しており、仕上がりは文句なし。再度、小牧騎手の手綱でVロードを突っ走る。馬単(8)=(3)、(8)=(15)、(8)(4)、(8)(1)、(8)(6)、(8)(10)。
 ◆京都9R マルブツライトのチャンスが濃厚とみる。3歳時には菊花賞にも駒を進めた(8着)実績があるように、1000万なら地力は上位。11頭立てと出走頭数が手ごろで、これといった強敵は見当たらず相手に恵まれた。外めの枠を得たのも好材料で、力は存分に発揮できる。馬単(8)=(6)、(8)=(11)、(8)(2)、(8)(5)、(8)(7)、(8)(9)。
DATE: CATEGORY:日記
<福島牝馬S>◇G3◇福島◇芝1800メートル◇4歳上牝◇出走16頭
 柴山雄一騎手(29)が手綱を取った9番人気スプリングドリュー(牝7、堀)が混戦を制し、44戦目にして重賞初制覇を飾った。勝ちタイムは1分46秒6。創設以来4年連続で馬単、3連複が万馬券となった。
 ゴール前、芦毛の馬体が飛んできた。目の覚めるような末脚に内の各馬が止まって見えた。「具合はいいと聞いていたし、このメンバーなら、切れたらそこそこやれると思っていた」と柴山。逃げたダイワパッションの流れは、前半1000メートル58秒0のハイペース。後方から徐々に進出し、直線は外へ出して突き抜けた。
 人気はなかったが柴山には自信があった。府中牝馬S以来の騎乗。当時は6着に敗れたが、上がりタイムは勝ち馬に次ぐ34秒0。一級品の末脚を持っていることを確信していた。06年中山金杯(ヴィータローザ)以来3つ目の重賞タイトルに「すごくうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。
 堀宣行師(39)は今後について「様子を見てヴィクトリアマイルに向かう」と話した。同競走にはビーナスライン、ジョリーダンスも出走予定。堀厩舎がG1戦線をにぎわせる
DATE: CATEGORY:日記
22日の東京2日目最終レース後に行われるメモリアル・レース「ジョッキーマスターズ」(千六百メートル芝)。日本ダービーまたはオークスの優勝経験を持つ、引退騎手9人で争われる。岡部幸雄元騎手(58)=現・JRAアドバイザー=がコンビを組むのは、これまで調教してきたクウェストルージュ(牡3歳)。水曜には本追い切りをこなし、調整は最終段階に入っている。
 19日は美浦北Cで汗を流した。岡部元騎手はパートナーのクウェストルージュにまたがり、1F18~20秒台の軽いキャンターで馬場を2周。前日の18日には5F74秒1-56秒0-39秒5-12秒7の追い切りを行っている。
 2年間のブランクはなかなか埋まらない。3月上旬から約1カ月半。水木金と週に3日間、調教終了後の北馬場で馬にまたがってきたが「馬乗りはそんなに甘くないし、簡単には戻らない。騎手としての体をつくるのは大変だよ」。それでも馬上では、実に生き生きしている。「いい目標ができたからね」。メモリアルレースへ向けて本格的な騎乗を再開。そして、馬に乗ることのすばらしさを改めて実感している。
 調教後は本番でもタッグを組むクウェストルージュの体を洗い、馬房に入れるまですべての世話を自らこなしている。周りの関係者も「岡部さんは可愛くてしょうがないみたいですよ」とその光景を見守る。短い期間ではあるが、相棒クウェストルージュとの絆は深まっている。
 本番は84年のダービーを制した、初代無敗3冠馬シンボリルドルフの勝負服に身を包む。「また着るとは思わなかったし、まさかそれで人前に出るとはね」と照れ笑いを見せる。レースに向けては、「みんなの邪魔にならないように、しがみついて回ってくるだけだよ」と語った。多くのファンを沸かせた名手の華麗な手綱さばきが、2年の歳月を経て東京競馬場でよみがえる。
DATE: CATEGORY:日記
樫は譲れない。オークストライアル「フローラS・G2」(22日・東京、3着まで優先出走権)へ、ベッラレイアが万全の仕上がりだ。追い切りは栗東坂路で単走。すでに1週前にハードなメニューを消化しており、馬なりで軽く駆け上がって態勢を整えた。除外続きが響いて、桜花賞出走の夢はかなわず。G1への夢を乗せて、強烈な末脚が爆発する。イクスキューズは、5着に敗れた桜花賞が収穫あり。中1週でも出来に不安はない。
 ゆったりと鹿毛のボディーが栗東坂路を駆け上がっていく。先週に4F52秒7-37秒6-12秒4を馬なりで記録し、態勢は整っている。今週は軽めの調整で十分。ベッラレイアが万全の仕上がりをアピールした。単走で14-14のラップは予定通り。終始持ったままの手応えで軽快なラップを刻んだ。しまいだけ気持ち伸ばして、時計は4F56秒5-41秒4-13秒6。「もちろん軽く。動きは申し分ないね」。平田師は日焼けした精かんな表情を崩した。
 今回は除外の不安なく、週末を迎えられることが大きい。デイリー杯クイーンCで除外されて、翌週のすみれSに回ったが牡馬相手に3着。賞金を上積みできず、フラワーCも除外になった。中京で自己条件のあざみ賞を強烈な末脚で制したが、桜花賞の出走ボーダーには届かず。高い能力を示しながら、華やかな舞台を見つめるしかなかった。
 戦わずして敗れたからこそ、G1への思いは強い。「血統的にもオークス向き。強い馬がいっぱいいるけど、挑戦してみて、どれぐらいやれるかを見てみたい」と期待に胸を膨らませる。前走は大外をぶん回して上がり34秒0の脚を駆使して豪快に差し切った。「あまりに大胆な騎乗で、見ていて冷や汗をかいた」と苦笑いするが、最後は手綱を押さえる余裕すら。改めて強さを確認した一戦でもあった。桜花賞へ出走していれば、の思い。「ひょっとしたら1、2着馬といい勝負、という気持ちもあった」という言葉もうなずける。
 この中間は、テンションを上げないように重点を置いてきた。初めての長距離輸送にも「今の状態なら心配ない」と自信を見せる。もちろん、東京コースも歓迎材料だ。「距離もあるからゲートも気にならない。肩の力を入れないように」と笑うトレーナー。勝って堂々と樫へ。その表情から手応えが伝わってきた。
DATE: CATEGORY:日記
京都の開幕週を飾るダートの攻防「アンタレスS・G3」(22日・京都)。充実一途のキクノアローが強烈アピールだ。安藤勝が2週連続で騎乗した栗東Bでの追い切りで先着を果たし、上昇ぶりを見せつけた。意欲的な攻めで馬体も締まってきた。メイショウトウコンは前走で減った馬体が回復し、出来もアップ。得意の京都で巻き返しを見据えている。
 雄大な馬体が力強く砂を蹴り上げた。安藤勝を背にしたキクノアローは栗東Bでダイナミックグロウ(3歳オープン)と併せ馬。1秒2離れた後ろから追いかける形でスタートし、軽やかにリズムを刻むと5F標で馬体が並ぶ。一杯に追われてからは闘志をむき出しにして、ゴールへと加速。相手が楽な手応えだったとはいえ、半馬身の先着を果たし、6F81秒4-36秒7-11秒3をマークした。
 意欲的な攻め馬の騎乗依頼だった。「太めを感じたから2週連続でジョッキーに乗ってもらった。馬体もいい感じだし、これでバッチリ気合が乗ると思う」。思惑通りの追い切りができたことに、目野師は納得の表情を見せる。手綱越しから伝わる感触に、アンカツも合格点を与えた。「相手は攻めで走る馬だからね。しまいをビシッと追ったし、先週よりもキビキビとしていた。これで変わってくるんじゃないかな」。週を追うごとに好転する気配を肌で感じ取っている。
 伸びゆく4歳馬だ。2度の休養を挟み、陣営は成長を促してきた。昨年10月に500万下を勝って以降、短期間で準オープンから交流重賞を勝つまでに飛躍。前走こそスパートが遅れて4着に敗れたが、一気にのし上がった逸材をアンカツも高く評価する。「力はかなりのものがあるよ。いろんな競馬ができるタイプだからね」。その勢いは天井知らずだ。G2勝ちは地方船橋のダイオライト記念。3勝を挙げる得意の京都で、初めてJRA重賞の頂点に立つ。

copyright © 競馬情報 勝つのはどの馬だ? all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。