DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:中山
<中山グランドジャンプ>◇14日=中山◇J・G1◇芝4250メートル◇4歳上◇出走15頭
 豪州馬カラジ(せん12)がレース史上初の3連覇を果たした。道中は中団に控え、2周目の3角で早くも先頭に並びかける積極策を展開。直線で力の差を見せつけるように早めのタイミングで抜け出した。ゴール前でリワードプレザンが猛然と追い込んできたが、カラジのスコット騎手はこん身の水車ムチで応戦。3/4馬身差をつけた。障害戦の同一競走3連覇は、77~79年に中山大障害を制したバローネターフに並ぶ偉業。12歳馬としては、自身の持つ記録を塗り替えるJRA最高齢優勝となった。スコットは「信じられないくらいうれしい。2着馬が追い込んできたのは見えたが、手応えは良かったので心配していなかった」と声を弾ませていた。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:中山
中山9R>
 前走2着惜敗のゴールデンダリアの巻き返しに期待する。2番手から絶好の手応えで抜け出した時には圧勝かと思わせたが、ハナに立ってからはフワッとした走りで伸びが悪かった。三浦助手は「まだ馬が子供で、1頭になると力を抜いてしまう。前走は決して力負けではないし、順当に巻き返せると思う」と話している。
 新馬戦からすべて1番人気に支持されてきたように、将来性十分の逸材。厩舎サイドでも「間に合えばダービーに出したい」と期待

copyright © 競馬情報 勝つのはどの馬だ? all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。